生長の家正統派青年のブログ

生長の家西播青年会委員長のブログです。正統な宗教法人「生長の家」は1983年に自民党と訣別し、2016年以降は全ての国政選挙で自民党不支持を訴えています。ブログ記事の文責は教団ではなく私個人にあります。

吾々の内に既に「善」が宿っている

 この世界は善一元の神の世界であると、生長の家では教えている。神の世界、本来の世界には、悪など存在しないのである。

 悪い現象が物質界に表れているが、それは本来ナイものが表れているのであって、不自然なことであると、考える。

 谷口雅春先生はこう説かれている。

 自然に神の摂理に従順にまかせて動いておれば、善いことばかり、幸福ばかりが実現すると云うのは、神が本来「善」であるからである。神が何故「善」であるかと云うことがわかるかと云う人があるが、吾々は「最高の善なるもの」を神と名称づけるのであるから、神が何故善であるか――の疑問の存在の余地はない。そして吾々は「善」なるものを求めずにはいられない――それは事実であり、何故吾々が心に「善」を思い浮かべ、それを追及せずにはいられないかと云うと、吾々の内に既に「善」が宿っているからなのである。

「善」が吾々のうちに宿っておらず、全然内的に体験したことがないとしたならば、「善」の何物たるかを吾々は知らず、そを思い浮かべることもなく、それを追及することもない筈である。だから、「善」は自己の内に既にあるのである。イエスは「神の国汝らの内にあり」と云い給うたが、その内在の「善」こそ「神」であり、その内在の善なる世界こそ「神の国」であり――既にあるのである。外在の不完全な国は、内在の神の国の不完全なる顕現に過ぎない。だから、内在の神の国は、外在の世界に、それを押し出そうと云う「内からなる衝動」を起こさずにはいられない。それが吾らの「善と幸福に対する希求」として現れて来るのである。「善と幸福に対する希求」が必然的に吾々に起こるのは、既に内在の世界に神があり、善と福との世界が成就しているからである。

谷口雅春『善と福との実現』19~20頁)

 私たちは皆、善なるものを表現したいという欲求を持っている。その欲求をお互いに尊重しあうと良い世の中になる。

 政治においても、自己内在の神の国を表現したいという、国民のまことなる願いを実現させることが大切である。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

善と福との実現 [ 谷口 雅春 ]
価格:1780円(税込、送料無料) (2021/12/15時点)

楽天で購入