生長の家正統派青年のブログ

正統な宗教法人「生長の家」は1983年に自民党と訣別し、2016年以降は全ての国政選挙で自民党不支持を訴えています。私は現役の生長の家青年会・生長の家教職員会・生長の家宇治別格本山宝蔵会の会員として未熟ながらも率直な感想を書きます。

人類光明化運動・国際平和信仰運動・自然とともに伸びる運動

『万物調和六章経』の功徳で癌が消えた話

様々な「奇跡」話をすると、世の中には「胡散臭い」と思う人もいるのですが、実際には世の中には一見「奇跡」のようなことは、山ほどあります。 皆様の中にも周囲の人が、或いは自分自身が「奇跡的に助かった!」というような体験をしたことがある人は、決し…

青年会全国大会の中止

残念である。 残念であるが、このことで気付きがあるのであろう。 一層精進してまいりたい。

一応志恩さんに返事します

別に私の投稿を批判している訳ではないようですが、総裁先生の幼い頃もよくるという志恩さんの投稿「H様ブログにおけるH様からtapir様宛のコメントですが、当時、原宿本部において、総企画局課長から政治局事務局長になった大峡儷三先生の事実上のアシスタン…

他人の能力不足を非難するのは如何なものか――――tapir様への回答(3)

tapir様が掲示板で私のことを「某氏」として名指しにするのを慎重に避けつつコメントして下さっています。 ただ、御教えの先達に対して誠に失礼ではありますが、tapir様の次の一文にはタイトルの言葉をお返ししたいと思いました。 全般的に言えば、「起死回…

森の中のオフィスがオフグリッド(自然エネルギー完全100%)達成!!

今月号の機関誌を見ると、ある人物の写真を見て気分が悪くなった。その人物は、私を毛嫌いしていることで著名である。 私は自分から人を嫌ったことは無いが、一方的に他人に嫌われることは、よくある。その人物が私を嫌っていることは多くの人が御存知で、Li…

大乗の宗教は政治・社会問題に「中立」であってはならい――tapir様への回答(2)

これは私の持論ですが、政治的に中立な宗教というのは、小乗の宗教はともかく大乗の宗教としては偽善であると考えています。というのも、政治(権力者やその候補)が宗教に対して中立では無いのに、宗教が政治に対して中立であるならば、結果的に宗教家が権…

祭神変更というデマ――tapir様への回答(1)

私は気付かなかったが、今朝コメントを読んでtapir様が私のブログにも関係のある文章を書いていてくださったことに気付いた。 そこで適宜引用しつつ反応させていただこうかと思う。 通達支持と不支持の意見の比較と考察 ― 1 (28036) 日時:2020年05月16日 (…

「天使」というのも「神」なのである

現在、このブログの読者は減ってきている。私の記事の読者の多くは私のnoteに移行しているのである。 noteについては毎月数万人単位の読者がいるが、このブログは毎月千人前後である。読者数の桁が些か異なるのである。 そのため、今でも熱心にこのブログを…

ときみつる会の宗教法人化を祝福します

ときみつる会が宗教法人格を取得された。学ぶ会よりも早く取得していたらしい。 学ぶ会系の方の何には、今頃になって安倍政権を非難している方もいる。学ぶ会本体は未だに安倍政権支持らしいが。 それにしても、数年前に私が「安倍政権は朝敵売国政権である…

「天皇国・日本」の実相顕現運動は消滅せず

他人に「人の悪口を言ってはならない」と言っている者は、往々にして自分の方が悪口を言っている者である。 かつて『理想世界』誌の編集長であった岡正章氏のブログ記事を読んで、生長の家の大物行使であった方さえもその例外ではなかったことを知り、私は残…

第一義の神ということ

なぜ今頃になって、私の昨年正月の文章が話題になっているかは判らないが、今、某掲示板に私の文章が転載され、それを享けて反総裁派の方が私のことを色々非難されているようである。 ある方は「日野さんの相変わらずの馬鹿げたさも、もっともらしく言うこじ…